全身脱毛 医療レーザー リスク 火傷 かゆみ

医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛のリスク

全身脱毛の永久脱毛を医療レーザーで行う場合の、注意点やリスクについて考えてみたいと思います。

まず最初に考えられるリスクは、やけどです。医療レーザーで行う脱毛は毛穴をレーザーで焼いて発毛しないようにする方法です。レーザーは黒い色に反応して毛穴を焼くシステムです。

これが、肌の黒い方や、日焼けで肌が焼けている方、乾燥肌の方も、皮膚に反応してやけどを負います。 日焼けなど肌の黒い方には、医療用美白剤(ハイドロキノン)を使用してやけどを防ぎます。

またレーザーの強さを低くして、肌をやけどさせない措置もとります。レーザーの強さを押さえることやけどはなくなりますが、レーザーを当てる回数は増えます。その為に数回程度、施術の回数が増えることがあります。

乾燥肌の方の対処は、肌にうるおいを持たせるジェルを使い、やけどしないように処置します。 レーザーで脱毛する場合は、極度に日焼けした状態で、レーザー脱毛を受けないことです。

次に考えられるリスクは、かゆみです。 かゆみは、特に乾燥肌の方や、肌が過敏な方、アトピー性皮膚炎の方と、肌にトラブルを抱えている方に多く診られます。

この場合の処置は、炎症を起こした患部に、塗り薬を塗布します。また炎症を起こしていますので、患部を冷やします。これらを行うことで、かゆみは緩和されます。

医療レーザーで行う脱毛の施術は、お肌のトラブルが起こりやすい施術ですから、必ず専門の医療機関で、医師の指示に従って行って下さい。 エステと違い医師が施術しますので、トラブルあっても対処が速く望めますので、安心感はあります。

またお肌にトラブルを持っている方は。医療機関でのレーザーによる脱毛が安全でしょう。