全身脱毛 医療 レーザー 種類

最新の医療レーザー全身脱毛

最新の医療レーザー全身脱毛

全身脱毛を行う方法として、医療レーザーを使った脱毛方法があります。医療レーザーを使った脱毛法について、種類など説明していきましょう。

医療機関で行われる永久脱毛の方法で、レーザーを使って脱毛をする方法です。 このレーザー脱毛は脱毛する毛に含まれるメラニン色素に反応して、その色素の持つ黒色に反応します。そして、反応した毛の毛根をレーザーで焼き、永久に毛が生えてこないようにする施術です。 この医療レーザーによる永久脱毛は開発されてまだ十数年という新しい技術です。

医療レーザー脱毛の技術は年々進化していて、次々と新しい方法が開発されています。 日本で多く使われていた方法は、アレキサンドライトレーザーという脱毛方法です。この種類は冷却を同時に行わない種類で、肌を冷やすための冷却装置を別に用意しなければなりませんでした。

これを改善した種類が、今最も多く行われているダイオードレーザーという方法です。この方法で行う脱毛法は、産毛まで脱毛できる、今までにない方法です。

そして最も新しい技術で開発された方法がロングパルスヤグレーザーという脱毛方法です。この方法は、これまでの技術ではレーザーはメラニン色素に反応して脱毛を行っていたため、日焼けをした方や、肌が元から黒い方には効果が薄らいでいました。

このロングパルスヤグレーザー脱毛法は、メラニン色素に反応しない、別の方法で毛根を焼きますので、肌の色に関係なく効果が発揮できるようになりました。またこのレーザーの優れている点は、男性のひげも脱毛できるところです。

医療レーザー脱毛の技術は、短い時間に進化しています。新しい技術ほど、費用はかかるでしょうから、自分にあった方法で永久脱毛をオススメします。