全身脱毛 医療レーザー リスク 安全

医療レーザー脱毛で起こる赤み

医療レーザー脱毛で起こる赤み

医療レーザーで行う全身脱毛は医師による脱毛施術ですから、安全性は高いものです。 しかし医療レーザーによる脱毛にもリスクはあり、これについて考えてみます。

医療レーザーの脱毛の仕組みについて、まず説明してきます。 医療レーザーは、毛の色のメラニン色素に反応して、レーザーが毛根の部分へ照射します。つまり、黒い色に反応して照射されます。

これには欠点があり、元々肌が黒い方や、過度の日焼けをしている方には、レーザーが肌の黒色に反応して、やけどを負うケースがありました。これを回避するには、レーザーの出力を落とすことで対応しています。 その他には、肌にアレルギーを持った方や、皮膚炎や色素沈着を起こしている方には、レーザー脱毛は行えません。

医療レーザーで脱毛を行って、その後で起こるトラブルについて考えてみます。

よくある症状では赤みです。 赤みには種類があり、それぞれについて説明します。

まず肌の全体的現れる赤みです。これは男性が、ひげを脱毛した場合に現れる症状です。ひげの脱毛はその特徴から、一箇所に集中して生えているので、レーザーが必然的に強くあたる為に起こる炎症です。

この症状は比較的に軽い症状ですから、一週間程度で治まります。また施術中でも、何度か繰り返しているうちに、症状は和らいできます。

次は毛孔に沿って現れる赤みです。これは、レーザーで毛根を焼く場合に、周辺の毛孔に熱反応を起こし、それによって起こる赤みの症状です。この対応は患部を冷やすという処置が行われます。またこの症状も比較的に軽い症状ですから、1日程度で治ります。

レーザーによる脱毛で、赤みが起こる症状についても、理解しておくことが大切です。